読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大腸内視鏡検査の受け方と未病の為の工夫

胃大腸内視鏡前の情報(食事や麻酔)と未病生活の工夫Blog

大腸内視鏡検査でわかること


大腸内視鏡検査をうける人は60歳以上の人が多い傾向ですが、大腸癌は40代から罹患率が高くなっています。

 

来院して大腸内視鏡検査をうけることになった患者さん

 

主な理由と内視鏡でわかることをまとめてみました

 

検査のきっかけ 

便潜血‥‥会社や区など検診など(陽性)でひっかてしまった

前年度もひっかかた(陽性+)のに、放置2年越しという人も稀にいます 
放置は絶対によくありません。  

癌がひそんでることもあります 大腸癌初期は症状がありませんからね

 

☆下血や出血、粘欠片、便が細いなどの排便の異常 

元気な30代男性 下血が数年前からあったのに、本人が勝手に痔と思い込み、下血を数年放置‥職場の人に強く勧められ内視鏡をしてみたら‥‥ 
大きな2.5センチ大のポリープがみつかりました 
そのポリープを組織検査に出し結果、幸い癌細胞は含まれてませんでしたが、本人組織診断の結果がでるまで1週間は、『毎日癌で死ぬのでないか?』と不安で仕事が手につかなかったと来院時話しておりました。自己診断はやっぱりいけませんね 

 

☆前回の検査でポリープがみつかりその後の経過観察の為

 

ポリープが複数ありで、1度の検査ではとりきれない人、出来やすい人は1〜2年に一度といわれています 


☆家系で大腸癌がいる、そろそろ年も気になる頃、自主的な方

  自主性があって、ご自分の健康に興味があって、癌を他人事とみないで、早期発見をしたいと本気に思ってる人。理想的です

 

 

内視鏡でわかること 

 

☆大腸癌 主にS字と直腸に多発 50歳頃から増加

☆大腸癌ポリープ  ポリープは粘膜が隆起したもの全てのことをいうので、癌とはかぎらないけれど放置しておくと、いつかは癌の細胞に置き換わっていってしまいます

 

潰瘍性大腸炎 クローン病

厚生省の難病指定  頻度の高い下痢や粘血便で、比較的若い人に近年増加している

原因は不明

 

☆大腸憩室炎 自覚症状は少ないが、ひどい時は腹痛下痢や便秘など、高齢なると多い

 

☆虚血性大腸  腹痛や下血で女性に多い 原因は動脈硬化や便秘など

 

☆大腸炎   アメーバやウィルス性た細菌が原因